思い出とダイヤモンド買取

大切なアクセサリーには、色々な思い出が詰まっていますよね。

そんな思い出の品物を買取りに出すなんて・・・・そう思っていた私に一石を投じてくれた、同僚のダイヤモンド買取のお話。

確かに、宝石もアクセサリーも大切だけど、流行や好みも変わってゆく中で、いつまでも昔の品物を残しておくこと、そして、その思い出のためだけにジュエリーボックスに収められているアクセサリーは、ある意味可哀想なのかもしれません。

ダイヤモンド買取をしてもらった同僚は、買取ってもらったお金で、すっごくかわいい指輪を買って、自慢げに皆に見せていましたが・・・彼女の考え方は、とても合理的だな、と。
ちなみにここのお店(http://www.177500.com/)で買い取ってもらったみたいです。

思い出なんて、本当は気持ちとして残るもので、品物が無くても、素敵な思い出はたくさん残っていて、本来は、そうあるべきなのかもしれないな、と思った途端に、私も、買取に出してみようかな・・・と言う気になりました。